私たちを悩まし老け顔に見えるクマを無くす方法

私たちを悩まし老け顔に見えるクマを無くす方法

 

スペース1

 

人を老け顔に見せるクマ

 

「元気なのに顔色が優れなく見える」

 

「疲れてる?」

 

「老けて見える」

 

と思うことはありませんか?
肌のコンディションも化粧ノリも完璧。

 

仕上がりも上出来。

 

[あれ]も隠せているはず。
しかし時間が経つと[あれ]が目立ってくる・・・。

 

私たちを悩ませてくる[あれ]とは何か。
それは目の下のクマです。

 

目の下のクマの存在によって他者に与える印象も変えてしまいます。

 

 

私が一番最初に自分の目の下のクマを意識し始めた年は14歳です。

 

友人から

 

「クマがなければいいのに」

 

と言われたことがきっかけです。
それまで自分で意識をしたことがなかったため衝撃を受けました。

 

鏡を見て

 

「確かにあるかもしれない・・・」

 

とさらにコンプレックスが増えた瞬間でした。

 

同じようにクマで悩む人は多いのではないでしょうか。
今回はクマの対処法についてみていきましょう。

 

[クマの原因]

 

目の下のクマには種類が3つあります。
そしてそのクマの種類によって原因も異なります。

 

@茶色いクマ

 

メラニン色素の沈着や紫外線によるものです。
目が痒くて強く擦ってしまう、メイクをしっかり落とそうと刺激を与えてしまうことにより色素沈着してしまいます。

 

目元の皮膚は他の部位と比べてかなり薄くなっているため少しの刺激でもダメージを受けてしまいます。
また、紫外線によりメラニン色素が多く作られてしまいます。

 

メラニン色素とは皮膚の奥深くにあるメラノサイトと呼ばれるところで作られています。
メラノサイトで作られるメラニンの量によって肌の色も変わります。

 

本来メラニンは紫外線から肌を守ってくれる役割を果たしてくれます。
しかしこのメラニンが過剰に生成されることによって目の下も茶色のクマとして現れてしまうのです。

 

色素沈着をしているため、目の下を引っ張るとクマも動きます。

 

A青いクマ

 

寝不足や疲れにより血行が悪くなり血液の流れが滞った血管が目立ってしまうことで現れます。
目の下の皮膚を引っ張った時にクマの位置が変わらないといった特徴があります。

 

生まれつき血行が悪い、皮膚が元々薄いことで青いクマができるなど遺伝的な要素が絡んでいることもあります。

 

B黒いクマ

 

加齢によるたるみや目の下が窪んでいると現れます。
たるみは加齢によりコラーゲンが減少して肌にハリがなくなることで起きます。

 

ハリが無くなると皮膚に凸凹したようなものができるためそれにより黒いクマができるのです。
年を取るにつれ次第に体力が衰えてきますよね。

 

筋肉も同じで、目元周辺の筋肉も衰えていきます。
衰えることで目の周りの脂肪が前に出て膨らんできます。

 

この膨らみが影を作っています。
昔はなかったのに年齢を重ねるにつれて黒く見えるようになった、顔を上に向けた状態で鏡を見てクマが薄くなる場合はこの種類のクマである可能性が高いです。

 

また、皮膚を引っ張るとクマが薄くなることが特徴です。

 

スペース2

 

[クマ対策]

 

クマをそのままにしておくと常に疲れて見えて相手にマイナスな印象を与えてしまいます。
ではどのように対応したら良いのでしょうか。

 

@茶色いクマ

 

一番は刺激を与えないことです。
メイクや洗顔の時強く擦っているならば今日からやめましょう。

 

クレンジングは指の腹で優しくクルクルと回すように落とすこと、洗顔の場合は直接肌を擦るのではなく泡で汚れを落としていくイメージで洗いましょう。
普段から強く洗っている人にはきちんと落ちているか不安になったり物足りなく感じるかもしれません。

 

しかしそのまま毎日強い摩擦を加えると悪化してしまいます。
また、原因の1つでもある紫外線の対策として日焼け止めも使用すると良いでしょう。

 

紫外線は夏だけではありません。
季節問わず出ているため、意識して対策しましょう。

 

A青いクマ

 

睡眠をしっかりとりましょう。
睡眠は心も体も回復させてくれます。

 

疲労回復だけでなく美容にも効果があります。
22時から2時はシンデレラタイムと言われていてこの時間に眠ることで皮膚の再生に良い影響を与え美肌になるという説もあります。

 

血行が悪くなってもできるため、目元のマッサージも効果的とされています。
しかし力を入れすぎると刺激を与えてしまうため、皮膚の薄い目元をマッサージする際は特に優しくを意識しましょう。

 

B黒いクマ

 

眼の周りの筋肉を鍛えると原因となる膨らみを予防できます。
眼を思いっきり閉じてキープ(5秒)→今度は逆で目を思いっきりあけてキープ(5秒)

 

これを10回前後繰り返します。
いきなり毎日やろう!と無理をするのではなく、時間が空いた時などにやると続けやすいかもしれません。

 

スキンケアの際はビタミンの補充を重視したものや美白作用のあるもの、保湿効果のある美容液を使用することも効果的です。

 

[すぐに目立たなくさせたい!という人へ]

 

美は1日にしてならず。
自力でやりますと少しずつ改善していくことはできても、残念ながら次の日に速攻効果のある方法はありません。

 

それでも少しでも目立たなくさせたいと思いますよね。
そんな時はメイクが助けてくれます。

 

 

化粧品といえばアイシャドウ・マスカラ・リップなど様々な種類があります。
それらは私たちの魅力をさらに引き出してくれます。

 

そしてそれだけでなく、コンプレックスだと感じていることもカバーしてくれます。
例えば鼻が少し低いことを気にしているならば鼻筋に暗い色(ローライト)と明るい色(ハイライト)を入れることで鼻筋がくっきりとして見えます。

 

こうだったらいいのにな、と思っていることを実現してくれる魔法の道具です。
実はこのようにクマの悩みも助けてくれます。

 

では何を使用するか。
それは

 

「コンシーラー」

 

です。
コンシーラーはニキビなど肌の炎症が起きている部分やシミ、クマによる肌のムラをカバーしてくれます。

 

コンシーラーには粉タイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、リキッドタイプがあります。
乾燥肌の人が保湿成分のないものを塗ると、仕上がった直後は大丈夫だとしても時間が経つとひび割れたような崩れ方をします。

 

そういった人は保湿成分の入ったものを選ぶことをオススメします。
また、コンシーラーもどの箇所に使用したいかによって変えるといいです。

 

例えばカバーしたい所が多いならばクリームタイプですと顔全体にも馴染みやすくクレンジングでも落としやすいです。
色の種類はイエロー、ミント、ピンクなどいくつかあります。

 

スペース3

 

では一体何色を使用したら良いのでしょうか。

 

@茶色いクマ

 

イエローが効果的です。
特に肌が黄身がかっている人には相性が良く、くすみやシミ、そしてクマを隠してくれます。

 

さらに血色感を与えてくれるオレンジを加えると明るく透明感も与えてくれます。

 

A青いクマ

 

こちらも同系色のオレンジのコンシーラーですと血色感、明るさを与えてくれます。
オレンジはクマだけでなく、口の周りの黒ずみもカバーしてくれる優れものです。

 

B黒いクマ

 

明るいベージュ、パールの入ったものや地肌よりワントーン明るいものを選びましょう。

 

そして血色感を与えたい場合はここでもやはり、オレンジやイエロー。
青も混ざっているような黒いクマにはピンクも助けてくれます。

 

[なりたい自分に]

 

今すぐ綺麗になりたいと多くの人は思うでしょう。
私もしょっちゅう思っています。

 

特に目の下のクマは中々消えませんよね。

 

「こんなに毎日努力しているのに!」

 

と焦ってしまうことも…。
それでも続けていたら必ず結果はついてきますし

 

「こうしたからこうなったのか」

 

と自らの経験によって知識も増えていきます。
経験も知識が増えることも楽しみながらなりたい自分に近づいていきましょう。

 

ご購読ありがとうございました。

 

スペース4

 

 

サイト管理人のヒサシです。

 

彼氏が欲しい、男子からモテたい、という女性には無料レポート「男に褒められ愛される5つの法則」をプレゼント中。
無料レポートは下記の公式LINEから友達追加して頂けると直ぐにご覧になれます!

 

公式LINE友達へ

LINEの友達追加はこのQRコードをスマホのカメラで読み取ってね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

犬好きの人みんな集まれ↓

 

私ヒサシが運営するSNSです。
恋愛に関して役立つ情報を毎日投稿しています。
是非みなさん見に来てください!

 

Twitter恋愛

 

facebook恋愛
facebook美容

 

Instagram恋愛
Instagram美容
Instagramワンちゃん
Instagram副業

 

coconala恋愛

page top