リラックス出来る、オールハンドフェイシャルエステとは

エステサロン、その2

リラックス出来る、オールハンドフェイシャルエステとは

 

スペース1

 

オールハンドで行うフェイシャルエステは、その名の通り美容機器を使わずに全て手で行い、お肌を健康に美しく導くフェイシャルエステです。

 

オールハンドのトリートメントは、人の手が直接お肌に触れる事で分泌されるオキシトシンと言う幸せを感じるホルモンが分泌される影響で、リラックス効果が期待出来、心まで満たされて行きます。

 

お肌悩みの解決だけでなく、ゆったりとした時間を過ごしたい方にお勧めです。
近年ナチュラル・オーガニック系の化粧品需要の高まりの影響や、美容機器を使用したお肌トラブルに対して不安がある方からも支持されています。

 

オールハンドフェイシャルエステと聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

 

  1. 何をするのか分からない
  2. 美容機器を使わず、本当に効果が出るのか分からない
  3. セルフケアと何が違うか分からない
  4. 値段が高そう
  5. 気持ち良さそう
  6. 自分でも出来るセルフケアが見つかりそう

 

マイナスイメージ、プラスイメージ様々ありますよね?
それではオールハンドフェイシャルエステを詳しくご紹介します。

 

 

「オールハンドフェイシャルエステではどんな事をしているの?」

 

実際、サロンではどんな内容のトリートメントをしているのか説明しますね。

 

STEP1)カウンセリング→なりたいお肌の確認、当日のお肌状態の確認、お肌悩みの確認、アレルギーの有無、美容整形の有無等が聞かれます。

 

ここではお客様がどんな目的を持って来店されたのか、どんなお肌悩みを持っているのかを丁寧に確認し、使用する化粧品の種類と手技を決め、お客様にメニュー内容の説明をします。

 

予め受けたいメニューが決まっている場合は、そのメニューの説明をします。

 

STEP2)フットバス(足浴)→温かいお湯につかり、足元から身体を温めます。

 

トリートメント前の緊張をほぐす為に、お好みのアロマの香りを入れる事も。
サロン、メニュー、値段によってもフットバスがあるかないかは分かれます。

 

リラックスしたい方、緊張しやすい方、冷えが気になる方にはフットバスメニューがあるサロンがお勧めですよ。

 

STEP3)クレンジング→メークを落とします。

 

スチーマーを当てながら、お肌質に合わせたクレンジング料を使用し、メーク汚れを落としていきます。
スチーマーを当てる事でお肌が柔らかくなり、毛穴も開くのでメーク汚れだけでなく毛穴汚れ、不要な角質の除去をしてくれます。

 

トリートメントで使用する化粧品の効果を出す為に丁寧にクレンジングをしています。
普段落としきれていない不要な汚れまでしっかり落とせますよ。

 

STEP4)角質ケア→古くなった不要な角質を除去します。

 

化粧水で水分補給をした後、角質ケア専用のパックを塗ります。
数分置いた後、角質ケア専用のパックをスポンジ等で拭き取ります。

 

拭き取った後は、ホットタオル(蒸しタオル)を当て、お肌を蒸らします。
ホットタオル(蒸しタオル)は血行促進、お肌を柔軟にする、毛穴を広げる事を目的としています。

 

角質ケアでは毛穴奥の汚れ・皮脂汚れをしっかり落とすので、お肌がツルツルとし、透明感アップも期待出来ます。

 

スペース2

 

 

STEP5)オールハンドトリートメント→お悩みに合わせたトリートメントをします。

 

リフトアップや透明感アップが期待出来ます。
手を使い心地よいテンポで行うので、リラックス効果も期待出来ますよ。

 

トリートメント終了後は、蒸しタオルでお肌を蒸しながらマッサージクリームを拭き取ります。

 

STEP6)マスク→お肌状態に合ったマスクを塗ります。

 

マスクを塗り、数分経ったらスポンジで拭き取ります。
不要な汚れが取れたお肌の上に栄養を与えて行くので、お肌が元気に。

 

STEP7)整肌→基礎化粧品をつけます。

 

お肌が乾燥しない様に、化粧水、美容液、クリーム、アイクリーム、日焼け止めをつけて行きます。

 

STEP8)拭き取り→髪、背中についた化粧品をホットタオルで拭き取ります。

 

拭き取りが終わったら、オールハンドフェイシャルエステは終了です。

 

 

「値段設定の秘密」

 

オールハンドフェイシャルエステの金額は、5,000円程度〜20,000円程度と幅が広いです。

 

値段設定をする際は、使用する化粧品の原価、使用する化粧品の量、地域の相場、トリートメント内容の相場、エステティシャンの技術スキル、人件費、店舗賃料等を考慮して決めます。

 

値段が安いから効かない、反対に高いから効くと言う事ではありません。
1つのサロンの中でもランチサービスの様に利益を追求しないサービスメニューや、反対に大きく利益が出るメニューが設定されている事もあります。

 

自分が納得出来る金額と技術のサロンを見つける事が大切です。

 

「オールハンドフェイシャルエステのメリット、デメリット」

 

女性はホルモンバランスの影響で月の中でお肌が変化します。
季節や環境、ストレスによってもお肌は日々変化しています。

 

施術者と相談し、当日のお肌にあったトリートメントが受けられる点がメリットの1つです。
そして手で直接お肌に触れるので、心地良くリラックス効果が期待出来、日々の疲れを忘れてゆったりとしたひと時を過ごせます。

 

デメリットは施術者と相性が悪いと、心地よくトリートメントを受けられません。
施術者の知識と技術が不足していると、結果に差が出やすいです。

 

初回メニューが設定されているサロンも多いので、先ずは自分に合うサロンか体験すると良いですね。

 

スペース3

 

 

「大手サロンと個人サロンの違い」

 

サロンを選ぶ時、大手サロンと個人サロンの違いを考えた事がありますか?
大手サロンは、非日常的な空間に、最新の美容機器や技術を試せると言った華やかな印象がありますよね?

 

誰が行ってもある程度同じ効果が出る様な技術・接客マニュアルがあり、施術者はその研修を受けた後トリートメントを行っています。
お悩みがシミであれば、シミ対策にはこのメニューを行うというマニュアルも存在するので、一定の効果は期待出来るかもしれません。

 

一方でマニュアル通り行うので、お肌の日々の変化に対応出来ないマイナス面も。
個人サロンは、専門的、アットホーム、個別対応してくれそうな印象がありますよね。

 

大手サロンで働いていて退職した方、社会人経験のある方が専門学校で知識と技術を学び独立したというサロンが多いので、熱意に溢れた施術者が多いです。

 

個人サロンは他のお客様がおらず1人の空間なので、ゆったりと落ち着いた時間を過ごせます。
自分に合ったサロンをみつけましょう。

 

「自分に合ったサロンの選び方」

 

ネットでサロンを検索し、クーポンを使用してエステサロンに行ったけど、1回限りで終わってしまった経験はありませんか?
綺麗になりたいと思ってお店に行ったのに1回で終わってしまってはもったいないですよね。

 

1回限りにならないように、サロンに行く前には目的をはっきりさせ、目的と合うコンセプトのサロンを選ぶようにしましょう。
ホームぺージやSNSを見ると、サロンのコンセプトが分かりますよ。

 

相性の良さそうなサロンの候補が見つかったら、予算を決めましょう。
自分が継続して通えそうな金額のサロンを選びましょう。

 

初回クーポンは安く設定し、2回目以降からの通常料金が高いサロンも多くあります。
目的を達成する為に本当に継続出来るサロンか予め検討してから、初回クーポンを利用してサロンに行くのがおススメですよ。

 

「最後に」

 

オールハンドフェイシャルエステは、信頼出来るサロンを見つける事で、お肌も心も上手にリラックス出来て、生涯健康で美しいお肌を手に入れる近道になりますよ。

 

ご購読ありがとうございました。

 

今回のお話「リラックス出来る、オールハンドフェイシャルエステとは」の続き記事へ

 

スペース4

 

 

サイト管理人のタカシです。

 

彼氏が欲しい、男子からモテたい、という女性には無料レポート「男に褒められ愛される5つの法則」をプレゼント中。
無料レポートは下記の公式LINEから友達追加して頂けると直ぐにご覧になれます!

 

公式LINE友達へ

LINEの友達追加はこのQRコードをスマホのカメラで読み取ってね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

犬好きの人みんな集まれ↓

 

私タカシが運営するSNSです。
恋愛に関して役立つ情報を毎日投稿しています。
是非みなさん見に来てください!

 

Twitter恋愛

 

facebook恋愛
facebook美容

 

Instagram恋愛
Instagram美容
Instagramワンちゃん
Instagram副業

 

coconala恋愛

page top