真冬のスキンケア

スキンケア、その2

真冬のスキンケア

 

一年で一番乾燥する季節

 

2月は1年で1番乾燥する1ヶ月。
どう乗り切るかは今からのケアが鍵!

 

やってきました。
乾燥の季節。

 

1月2月は一年でも1番乾燥する季節と言われ、特に2月は気温、湿度、共に最低になる日が続きます。

 

気温や湿度が低下すると気になるのが乾燥です。
女性はお肌の乾燥に悩む方も多いですよね?

 

特に顔のお肌はお化粧をするときに乾燥していて全然ノリが良くない、、、
なんて事もありますよね?

 

メイクのノリが悪いとその日1日テンションが上がらなかったり気持ちにも影響してきます。

 

 

今回は寒い季節でも潤う素肌でいる為に、乾燥肌に対しての原因と対策をお伝えしていきますね。

 

乾燥はお肌の天敵

 

潤っているお肌は3割増し!
乾燥による肌トラブルとは?

 

乾燥と一言で言っても痒みや赤み、ヒリヒリするケースから、少しカサつく程度まで、その程度は様々です。

 

少しカサつく程度だと言っても侮るなかれ!
乾燥は全ての肌トラブルに繋がってしまうのです。

 

一度乾燥し始めると、程度に関わらず、なかなか改善しにくいものです。
それは、乾燥に対して応急処置がほんの一時的なものに過ぎないからです。

 

本当に乾燥が酷くなってしまうと

 

  • 赤み
  • 敏感肌
  • 乾燥ニキビ
  • シワ
  • くま
  • くすみ

 

など、
あらゆるトラブルに繋がる可能性もあるので、今からしっかり対策していく事が大切です!

 

お肌は水分と脂分で外からの刺激から守る膜を作っています。
乾燥し水分が不足する事により守る働きが弱くなったり、余分な皮脂が分泌してしまう為、お肌は正常な働きを保てなくなってしまいます。

 

乾燥しているな、と自分で自覚する時にはもう既に乾燥が進行している状態と言えます。
乾燥するとトラブルが起きやすくなりますが、反対に乾燥に強いお肌を作ることであらゆるトラブルに繋がるのを防ぐ事ができます。

 

肌が乾燥する原因

 

乾燥は全ての肌トラブルに繋がる、、、
顔のお肌が乾燥する原因はこれ!

 

冬になると全身が乾燥するという方も多いと思います。

 

中でも顔はメイクのノリも左右される為、重要な部分ですよね?
思いの外、単純な事で乾燥させてしまっている可能性もあります。

 

乾燥肌の方がやってしまいがちな原因がこちらです。

 

〈乾燥の原因@〉

 

お湯での洗顔。

 

寒いとついついお湯で洗顔してしまいがちですよね?
それが大きな原因の一つ。

 

まず第一に、この洗顔のすすぎの温度を意識するだけでも乾燥の度合いはかなり変わってきます。

 

例えば食器を洗う時、水よりお湯の方が油汚れは落ちますよね?
それと同じで、お湯で洗う事で、お肌に必要な脂分を流してしまっているんです。

 

さらに、脂分は足りないと過剰に分泌します。
その為、乾燥してもテカるという混合肌にも繋がり兼ねません。

 

どんなに寒い日でも、お湯は絶対厳禁!!
人肌くらいのぬるま湯で丁寧にすすぐ事がベストです!

 

〈乾燥の原因A〉

 

化粧水をすぐにつけないから。

 

次に乾燥肌になってしまう原因に、洗顔後のスキンケアがあります。
洗顔後は1分1秒が勝負です。

 

浴室から出て身体を拭いて、ボディクリームを塗り、パジャマをきてドライヤーをし、自分の部屋に行ってからゆっくりスキンケアタイム、、、
その時間にどれだけの水分が蒸発している事か!

 

理想は浴室から出る直前に洗顔をし、浴室の中で化粧水や乳液まで塗布して出るのが理想です。
つっぱり感がある方は、お肌を守る働きが弱っているので、特に要注意です。

 

「洗顔後は1秒でも早く化粧水」

 

これを肝に銘じてください!
同じ化粧水でも、どんなに高価な化粧水でもつけるタイミングで効果や潤い感はとても変わりますよ!

 

〈乾燥の原因B〉

 

エアコンの直撃。

 

次に乾燥の原因になりやすいのが「エアコン」です。
もう、寒い季節にはなくてはならない存在ですよね?

 

しかし、エアコンこそ空気が乾燥する大きな原因なんです。
とは言っても家はともかく会社はエアコンで空調管理しているのが当たり前ですよね。

 

やむを得ない場合も多いと思いますが、エアコンが効いている環境にいる場合は、少なくても顔に直撃しないようにしましょう!
顔に直撃するかしないかによっても乾燥の度合いは全然変わってきます。

 

自宅でテレワークなどが多い方は、エアコンよりもヒーターやストーブにしたり、加湿器を利用したりお洗濯物を室内干しにするなど、部屋の加湿を意識して空気が乾燥しないよう気をつけましょう!

 

具体的なスキンケア方法

 

兎にも角にも乾燥対策!
美容のプロオススメ予防法伝授?

 

同じ顔、同じお肌の女性でも乾燥しているか潤っているかで、見た目年齢に差が出ます。
水分が不足しているというだけでも見た目が老けた印象になってしまいます。

 

反対に顔立ちはとびっきりの美人ではなくても、肌が潤っているというだけで華やかな印象や若々しい印象を与える事ができます。

 

美容のプロオススメの乾燥対策方法はこちら。
今すぐ実践できる物ばかりなので、できる事から始めてみましょう!

 

〈オススメ乾燥対策@〉

 

化粧水でのパック、シートマスク

 

美容のプロの方が皆口を揃えて言う乾燥予防方法は

 

「ローションパック」

 

です。
これはシートマスクや、自分が持っている化粧水でパックをする方法。

 

化粧水を、コットンやティシュに染み込ませ顔に貼るだけの簡単パック!
DAISOで売ってる潤いシリコンマスクや、ラップを被せて水分蒸発を防ぐのがポイントです。

 

パックをする時間は10分?15分程度。

 

勿体ないからと言ってパリパリになるまで置いておくのは逆効果なので、どんなに水分が残っていても時間を置きすぎないでくださいね!
(ついついやりがちですが、実際に試しましたが肌がカサカサになっちゃいました)

 

冬のスキンケアで大切なのは、乳液や保湿クリームより化粧水が大事です。
その日に失われた水分はその日のうちに補給する、というくらいの気持ちでこまめにパックする事がオススメです。

 

〈オススメ乾燥対策A〉

 

加湿器を常備する。

 

今の環境や状況もあり空気清浄機付き加湿器があるご家庭も多いと思います。
しかし、加湿器がないという方は要注意です!

 

お肌の水分はもちろん、空気が乾燥するとウィルスが浮遊したり付着したりしやすくなるので、加湿器はあるに越した事はありません。
会社や車内でも簡単に使用できるポータブル加湿器なども豊富に売り出されています。

 

今や100均やスリコなどでも販売していますし、モバイルバッテリー式の物もあるので、長時間滞在する場所には加湿器を常備するのがオススメです。

 

お肌ももちろんですが、口や喉が渇く事でウイルスが侵入しやすくなってしまうので意識して水分補給していく事がオススメです。
湿度70%前後で、ウイルスの浮遊や付着が抑えられるので、乾燥する季節は意識していたいものです。

 

〈オススメ乾燥対策B〉

 

毎日の洗顔方法。

 

先程、乾燥の原因のところでお話したように、洗顔の時のすすぎの温度一つで乾燥が進んでしまいます。
クレンジングや洗顔の時の力加減や、洗い方でもお肌のコンディションは変わってくるのです。

 

汚れを落とそうと力が入り、ゴシゴシ洗ってしまう方や、優しく洗う余裕がなく、とりあえず洗って無いよりマシ!
という気持ちで力任せに急いで洗ってしまう方も要注意です。

 

力強く摩擦が加わった洗顔では、お肌の潤いや保護してくれている膜まで落としてしまいます。
毎日、キレイにしたくて行っている洗顔ですが、それが原因で乾燥が進んでしまっては元も子もないですよね。

 

同じ洗顔でも優しくゆっくり丁寧に心を込めて洗ってあげてください。
それだけでも洗顔後のお肌のふっくら感は変わりますよ!

 

誰か他人が洗顔をしてくれる訳ではありません。
自分で労るように自分の素肌を磨いてあげる事が大切です。

 

 

スキンケア方法まとめ

 

最後に

 

お肌のコンディションは気持ちも左右するとお伝えしましたが、これは悪い場合だけでなく、良い場合にも言える事です。

 

自分で洗顔もメイクもする訳ですから、コンディションも自分で整えておきたいですよね?
乾燥は気になるけど、スキンケアの方法がわからないという方も多いです。

 

乾燥が本格化する前からできるケアを積み重ねていき、寒い季節でも潤う素肌を目指していきましょう!

 

ご購読ありがとうございました。

page top