冬にやるのが正解の美白ケア

スキンケア、その7

冬にやるのが正解の美白ケア

 

?白くて透明感のあるつや肌。
きっと誰もが憧れるお肌ではないでしょうか?

 

そんなお肌になるためにはまず美白ケアが必要になってきます。
夏だけではなく冬こそ!美白ケアが大切です。

 

冬の美白ケアの大切さや、おすすめの美白ケア方法を知って、一緒に白美肌を目指していきましょう?

 

【冬に美白ケアがおすすめな理由】

 

女性の多くの人が夏の美白ケアに力を注ぎます。
ですが、夏は紫外線が強いため美白ケアをしても現状維持で精一杯。

 

もちろん夏の美白ケアもとても大切ですが、冬の間に美白ケアをすることでメラニンをリセットできて、夏前の透明感を取り戻すことが可能になります。
それだけではなく冬は紫外線の量が少なくなってくるので、美白ケアの効果がより感じやすいのです。

 

冬はしっかりお手入れできる美白のベストシーズンですよ?

 

 

【UVケアは年中無休!】

 

日差しが弱くなる冬の季節でも残念ながら紫外線がなくなることはありません。
お肌が紫外線を浴び続けることで、メラニンは生成されてしまいます。

 

ここで突然ですが、みなさんは

 

「光老化」

 

という言葉をご存知でしょうか?
加齢だけによる

 

「自然老化」

 

とは違い、日光の紫外線によってできるお肌のしみ、しわ、たるみなど皮膚の変化による老化です。
日光にさらされる肌の老化は、80%が紫外線によるものです。

 

「光老化」は紫外線を浴びた時間と強さに比例します。
ですので、日頃からのUVケアがとても大切になってきます。

 

「光老化」を防ぐためにも、冬でもなるべくUV化粧下地やUVクリームを使うようにしましょう。
そして首まできちんと塗ってくださいね。

 

首は顔よりも紫外線を浴びやすいパーツです。
顔はメイクでキレイにできても、首はトラブルを隠すのが難しい部分になってきます。

 

ぜひ首までのUVケアを取り入れてみてくださいね。
そしてなるべく日差しの強い午前10時?午後2時までは外出を避けるようにしましょう。

 

といっても難しい人も多いかと思いますので、なるべく冬でも帽子やサングラス、日傘を使用することをおすすめします。

 

【保湿と美白】

 

紫外線を浴びるとお肌のバリア機能が低下してターンオーバーが乱れてしまいます。
そうなると、お肌はどんどん乾燥肌に...。

 

美白ケアはお肌が十分に潤い整っている状態で行うからこそ!効果があります。
保湿ができているお肌は、紫外線ダメージを受けにくくすることができるのです。

 

保湿あっての美白。
洗顔のあとは、化粧水、乳液、クリームなどでしっかりと保湿してフタをしてあげてください。

 

潤い満タンのお肌はくすみも抜けて、透明感もUPしますよ?

 

【美白ケア方法】

 

まずはご自身のスキンケア方法を見直すことから始めてみましょう。
良かれと思いやっていたことが実は間違ってた...

 

なんてことがあるかもしれません。
正しいスキンケア方法を習慣づけて、美白ケア効果をさらにUPさせていきましょう?

 

■正しい洗顔。

 

洗顔料はしっかり泡立てるのがポイントです。
できれば生クリームを泡立てたときみたいに、もっちりふわふわにするのが理想的です。

 

お顔に泡を乗せたときに、手が当たらないくらいもこもこな濃密泡にしてくださいね。
泡立てネットを使うとより簡単にキメの細かい弾力泡を作ることができますよ。

 

または、ポンプ式の泡で出てくるタイプの洗顔料でも大丈夫です。

 

■こすらない。

 

お肌をこすることで摩擦などの刺激から守ろうとして、お肌が硬くなったり毛穴が開いたり肌トラブルを招いてしまうことも。
お顔に乗せた洗顔料は、泡を動かさずに軽く押し当てるようにして洗います。

 

泡をクッションにして直接指が当たらないようにしてくださいね。
お肌に対して垂直に押し当てるのがポイントです!

 

■ぬるま湯で洗い流す。

 

お顔に泡が残ったままだとお肌が刺激を受けてトラブルの原因になってしまうことも。
こちらも洗顔と同じように、お肌に優しく当てるように丁寧に洗い流していきます。

 

フェイスラインや髪の生え際、耳の周り、小鼻の周りに泡が残っていないかもきちんと確認してくださいね。
もちろん、シャワーを直接顔に当てるのはNGです!

 

お肌はちょっとした刺激でも影響を受けやすいものです。
せっかくもこもこな濃密泡で優しく洗顔をしてもシャワーで洗い流してしまってはすべてが台無しになってしまいます。

 

必ずぬるま湯を手ですくって洗い流していきましょう。
そして洗顔は朝と夜の1日2回です。

 

洗いすぎは乾燥を招いてしまうので注意しましょう。

 

■美白コスメを取り入れる。

 

白くて透明感のあるつや肌を目指すなら、美白コスメを取り入れていくのが手っ取り早く、そして近道でもあります?
ですが美白コスメとはお肌が白くなるものではありません。

 

あくまで

 

  • 日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ
  • メラニンの生成を抑える

 

という役割になります。
しみを消すことは難しいですが、できたばかりの薄いしみには美白ケアで改善できる可能性もあります。

 

他にもお肌のターンオーバーを促進してくれるので、メラニンの排出を高めてくれる効果も。
美白の有効成分は化粧品メーカーによってさまざまなものがありますが、代表的なものだと

 

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC

 

などがあります。
たっぷりと保湿することが大前提ですが、このような成分が含まれているコスメもプラスすることで、美白ケアが効率的にできますよ。

 

【内側からのアプローチ】

 

スキンケアによる外側のアプローチに加えて、身体を健康に保つ内側からのアプローチもすることでさらに美白ケアの効果は高まります。

 

■生活習慣を見直す。

 

まずは生活習慣から見直していきましょう。
しみの原因であるメラニン色素の排出には正常なターンオーバーが必要になってきます。

 

毎日の生活リズムが崩れていたり不健康な状態が続くと、ターンオーバーは正常に行うことが難しくなってしまいます。
生活リズムを整えることが美白にも繋がるということになります。

 

規則正しい生活を心がけていきましょう?

 

■血行促進。

 

血流と美肌はとても深い関係があります。
身体の栄養などを運び、皮膚細胞も健康に保ってくれます。

 

他にもお肌のターンオーバーをスムーズにしてくれるので、血流をよくすることはとても大切になってきます。
冬の寒い季節にお風呂でゆっくり身体を温めてリラックス&血行促進してみるのはいかがでしょうか?

 

身体が温まると筋肉や神経の緊張がほぐれてリラックスでき、自律神経の乱れや疲労回復にも効果的です。
38℃?40℃くらいの温度で10分?15分程度浸かるといいでしょう。

 

お風呂以外に外出先などで身体を温めてくれるお助けアイテムとして、カイロなどもおすすめです?
筋肉が集まり血流が多い、お腹や腰に貼ると身体が温まりますよ。

 

■栄養バランス。

 

自分が食べているもので、自分の身体は作られていきます。
美肌を目指すにあたって、栄養バランスは必要不可欠です。

 

レトルトやインスタント食品をなるべく避けて、たんぱく質やビタミンなどの栄養素を積極的に摂取していきましょう。
野菜、魚、海藻類、果物などが栄養価も高く、血流改善にも効果的な食べ物です。

 

ですが毎日栄養バランスを気にしながら食事をするのは難しいときもありますよね?
そういうときは栄養成分を気軽に摂取できる、サプリメントに頼るのもいいと思います。

 

少しずつ意識して食事をするだけでも変わっていきます。
まずはできそうなことから始めてみてくださいね?

 

■十分な睡眠。

 

美肌が作られるにあたって睡眠はとても大切な役割をしてくれています。
寝ている間に分泌される

 

  • 成長ホルモン
  • 睡眠ホルモン(メラトニン)

 

は皮膚のターンオーバーを促進してくれたり、お肌の老化を遅らせてくれる効果があります。
質のいい睡眠をとるには、寝る前にスマホやパソコン、TVをなるべく見ないこと。

 

夜はできるだけカフェインを控えましょう。
寝る前に温かい飲み物を飲むことで体温が上昇し、睡眠前のリズムが取りやすくなります。

 

また自分にあった寝具選びや睡眠アイテムを揃えることで快眠にもつながりますよ。
お肌のためにも疲労回復のためにも、睡眠はしっかりとりましょう。

 

■水分補給を忘れずに。

 

 

水を飲むことによって、お肌の水分量を維持する保水力が高まる効果があります。
お肌トラブルの大半は水分不足が原因...

 

なんてことも。
1日に飲む量は、1.5?2リットルが目安です。

 

お酒、カフェイン、ジュースなどは含まれないので、きちんとお水を飲むようにしてくださいね。
常温でこまめに水分補給をすることでより高い美容効果を感じられますよ。

 

外側だけではなく、内側からのスキンケアもすることがさらに美肌への近道です?
毎日の積み重ねがとても大切になってきます。

 

コツコツと続けていたら、必ず効果は現れますよ?
ぜひ自分に合った美白ケア方法を見つけてみてくださいね。

 

ご購読ありがとうございました。

page top